関内駅7番出口より徒歩3分
〒231-0015 横浜市中区尾上町5-76 明治屋尾上町 ビル3F TEL:045-663-7161
※おかけ間違いのないようご注意下さい

横浜市の内科・外科・循環器科 関内医院。下肢静脈瘤、麻酔使用の内視鏡は関内医院までご相談ください。

超音波検査(腹部エコー)

関連病院 村山クリニック
HOME»  超音波検査(腹部エコー)

超音波検査(腹部エコー)とは

超音波検査は、苦痛を伴うことがなく、簡単にできる検査です。検査できる範囲も肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、膀胱、子宮など広範囲です。最新の超音波装置では、血液の流れをカラー表示し、血管のつまりを見つけることもできます。超音波は人間の耳には聞こえない高い周波数の音波で、一定方向に強く放射され直進性が高いという性質があります。これを利用して腹部に超音波を発信し、そこから返ってくるエコー(反射波)を受信し、コンピュータ処理で画像化して診断するのが腹部超音波検査(腹部エコー)です。
組織の組成によってそれぞれ基本的なパターンがありますが、腫瘍、ポリープ、炎症、結石などは周囲の正常な組織と組成が異なるため、超音波画像では、正常な組織との境界にコントラストが生じます。そのコントラストから、医師は異常が生じていることを見つけ出すのです。

超音波検査では、腫瘍などの有無だけでなく、その大きさや深達度(どのくらいの深さまで達しているか)も調べることができます。また、映し出される画像は、臓器がリアルタイムで動いて見えます。そのため、検査のための組織を採取したり、臓器の位置を確認しながら治療を行うときに使われることもあります。
さらに、この検査はX線検査のように放射線被爆の心配がなく、検査を受ける人の苦痛もなく安全なため、産婦人科では胎児の診察にも用いられています。

超音波検査(腹部エコー)の所要時間

検査時間は、15分から20分程度になります。

超音波検査(腹部エコー)の流れ

1

上着など厚手の衣類は脱いでおいてください。シャツは胸のあたりまで持ち上げ、ズボンやスカートは、へその下5cm位まで下げていただきます。ベッドに仰向けでお待ちください。

2

おなかにゼリーを塗り、機械を当てて検査を始めます。

3

検査中は、息を吸ったり吐いたりしながら見ていきます。 観察しやすいように体の向きを変えて検査をすることもあります。

4

目的の臓器をすべて見終わりましたら、ゼリーを拭き取って終了です。

体に直接機械を当てて検査を行いますので、人によっては押される感じやくすぐったく感じることがあります。
痛む場合は、遠慮なくおっしゃってください。

超音波検査(腹部エコー)でわかる病気

肝臓 肝細胞癌、胆管細胞癌、転移性肝腫瘍、血管腫、肝膿瘍、肝のう胞、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝
胆道系 胆のう結石、胆管結石、急性胆嚢炎、慢性胆炎、胆嚢腺筋腫症、胆嚢癌、胆嚢ポリープ
膵臓 急性膵炎、慢性膵炎、膵癌、膵腫瘍、膵嚢胞
脾臓 脾腫、脾嚢胞、脾血管腫、悪性リンパ腫、転移性腫瘍
腎臓 腎嚢胞、血管筋脂肪腫、水腎症、腎細胞癌、腎盂腫瘍
副腎 副腎腫瘤
膀胱 膀胱癌、膀胱炎、膀胱結石
前立腺 前立腺肥大、前立腺癌
子宮 子宮筋腫、子宮癌
卵巣 卵巣嚢腫、卵巣腫瘍
その他 腹水、腹部大動脈瘤、解離性大動脈瘤